手術前


朝8時からの手術(室に向かう)だったのと5時半からは絶飲ということもあり、朝の5時くらいには起きました。

6時になるとついについに浣腸・・。前日の下剤はそうでもなかったのですが、浣腸は大変でした・・。

「すぐ出さずになるべく我慢してね」と言われたので、出来る限りは我慢しましたが多分数十秒しか我慢出来なかったと思います(笑)

念のために何度もトイレに行っていたのですが、7時半頃看護師さんが「まだ着替えてないの?トイレも手術着で行っていいからもう着替えてて」って言われました(笑)あとは、手術時のテープから皮膚を守る保護剤を塗ったりもしました。



 手術室まで


時間になると看護師さんが迎えにきて、歩いて下の階の手術室フロアに行きました。

手術室前で両親と別れ、帽子をかぶり手術室へ。
次は手術室の看護師さんと自分が手術する手術室まで歩いて行きました。途中に手術室がたくさんあり、思っていた感じと違いました。学校の教室の前の廊下を歩いている感じ?(手術室がクラスのように並んでる)



 手術室到着


手術室に着くと看護師さんが何名かいて手術の準備をされていました。挨拶をし、スリッパを脱いで手術台に横になります。横になるとタオルをかけられ、手術着を脱がされました。あ、そういえばコブクロの曲が流れていた気がします。

手の甲に点滴の針を刺したのですがなかなかうまくいかなかったらしく、4回やり直されました・・(笑)

そしてついに!一番怖かった硬膜外麻酔。背中に注射をするやつです。すごく痛いと聞いていたので、かなり怖かったです・・。痛かったですが、すごく覚悟をしていた分想像以下でした。注射って一瞬なので痛さも忘れやすいっていうのもあるのかな~とも思います。

麻酔をして数秒後、だんだん太ももやお尻あたりが不思議な感覚に。麻酔科の先生が足腰や肩に濡れている筆?のような物で触って「冷たい感覚ありますか?」と聞かれました。足や肩は冷たい感覚触られている感覚があったのですが、腰辺りは感覚があるよな無い様な・・。冷たい感覚はありませんでした。数回繰り返すうちに腰あたりの感覚はほぼなくなりました。

そしてとうとう、全身麻酔の時・・
酸素マスクをつけられ「眠くなりますよ~深呼吸してくださ~い」「1~2~3~」って数えるとよく聞くのでてっきりそうなのかと思っていたのですが、違ったので自分で心の中で数えました。

3まで数えても意識があったので、「あれ?効かない??」と思ったのですが5まで数えた記憶はないので3.5~4くらいで意識がなくなったんだと思います。(細かい)

もしかして自分は全身麻酔が効かないんじゃないかなんて思ったのですがバリバリ効きました(笑)


そんなこんなで手術開始です。




 手術後


名前を呼ばれ目を覚ましました。普通に寝ていたところを起されたような感じでした。夢を見ていた記憶はなく、一瞬をぐっすり寝ていたような感覚?「え?もう終わったの??まだ寝ていたい・・」って感じでした。

意識が朦朧としている中、「これが中に入っていたものですよ」と先生が摘出した腫瘍を見せてくれました。

実はずっと摘出した腫瘍を実際見れるのかを聞きたかったのですが、タイミングを掴めずなかなか聞けずにいました。意識なくなる直前に聞いたような気がするのですが、結局聞いたのか聞いてないのか分かりません。もしかして聞きながら意識なくなったちょと恥ずかしいパターンなのかともと思ったり・・(笑)

まあ、結局見れたので良かったのですが、目が悪いのでシルエットくらいしか分かりませんでした。(両親が腫瘍の写真を撮ってくれていたので後から写真でまじまじと見る事ができました。)


その後は、目はつぶったまま軽い意識はある状態だった気がします。多分看護師さんだと思うのですが「わ~痛そう~(手術台からベッドに移動したときの衝撃で?)」「これちょっと大きいね~(多分復帯のこと)」という声が聞こえました。もしかして夢かな・・。ちなみに全然痛みは感じませんでした。



 病室に帰ってきてから


それからは、半分眠っているよな状態で病室へ。移動中お腹の傷が全く痛くないことにびっくりしました。

病室へ到着すると両親がいました。よく見ると点滴や心電図やらで自分の周りは管だらけ。喉がイガイガしてティッシュに何度も痰を出した記憶があります。この時はまだそのくらいで済んだのですが、後に(2日後)咳や痰が酷くなって大変でした。

少しお腹を動かしてみると、傷が痛むのが分かりました。尿管カーテーテルをしているのも動いて分かりました。

10分置きくらいに看護師さんが傷の部分をチェックしにきました。足には血栓予防のマッサージ機のようなものがつけられたり、PCAのポンプ(硬膜外麻酔)の使い方の説明をうけたような。

IMG-1190

上の画像の青いボタンの部分をグッと強く押すと麻酔が効く仕組みの物でした。ボタンを押すと背中に冷たい?感覚がありじわっ~と効いているような感じでした。PCAは痛くなってからでは効きにくいので定期的に押すのがいいらしいです。白い網に入った物は、容器の中に麻酔の液体?が入っています。

IMG-1189 (1)

ちなみに普段はこうやって病衣の襟に引っ掛けていました。


病室に戻ってきた時の体温は36.8℃だったのですが、2時間後は38.5℃まで上がっていました。熱がある感覚はあまりなかったのですが、看護師さんがアイスノンをもってきてくださり、気持ちよかった記憶があります。

ただ、枕をとってアイスノンを頭の下にいれるのにも腹筋を結構使うようで、看護師さんが頭を抱えてくれたのですが、それでも傷が痛みました。



 午後


お昼を過ぎた頃から傷の痛みが増してきました。ずっと同じ体制ではいけないからか痛みが減るからかどちらか忘れたのですが、腰にクッションを入れられ角度を変えたりしました。

それから数分後、痛みが激痛になり点滴の痛み止め?をしてもらいました。クッションは痛いのではずしてもらいました。

それからは少し良くなり、眠気がおさまりきっていなかったのか、寝たり起きたりを繰り返していました。



 尿管カテーテル


夜中2時頃にカテーテルをしているのに、トイレに行きたくなりました。当然行けるはずはなく、1時間くらい我慢していたのですが、カテーテルがとれているんではないかと思うくらい尿意があり、膀胱も痛くなってきたのでナースコールをしました。

看護師さんに伝えると、カテーテルの管をぐにゃぐにゃと動かしたりしてくれ、だんだんと楽になってきました。カテーテルの管の角度が悪く、うまく流れなかったのかも知れないとの事でした。

実際、100ccだった採尿バッグが30分後には500ccになっていました><











よかったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ にほんブログ村 病気ブログへ